ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いやはや前回の更新から1ヶ月も経ってしまっていた。
書きたいネタはいくつかあったのだか、
書かずじまいで今日を迎えてしまった。

ブログを更新せずとも、(いやしないからか?)
ゲームはやっていた。
その機種はタイトルにある通りのNINTENDO64(ニンテンドウ64)だ。以下64
なぜいま64にはまっているかというと、ずっと出しっぱなしだった64を
先日買ったxboxを出すために押入れに仕舞おうとしたのがキッカケ。
そう「仕舞う前にちょっと遊んでみるか」という軽い気持ちが
再び私を64の世界へ導いた。


今まで我が家では64といえば、あくまで友人と遊ぶためのゲーム機であった。
そのため64現役時代に遊んだタイトルは。
・大乱闘スマッシュブラザーズ
・マリオカート64
・F-ZERO X
くらいだった。

とくに「スマブラ」と「マリオカート64」の起動率は高く
近年でもたまに遊ぶことがあったほど。

他のタイトルも遊ぼうと思い、何年か前にめぼしいタイトルは
買い溜め(約十数本)したのだが
結局上記のタイトルだけで満足してしまい遊ぶことはなかった。
いわゆる積みゲー状態になっていたのだ。

そんな我が家の64。
薄暗い押入れに収納する前に、積みゲーをいくつか消化しておこうと
思ったら、これが想像以上に面白くなってしまったのだ。

前置きが長かったが、最近遊んだ64タイトルは
・ゴールデンアイ 007
・ゼルダの伝説 ムジュラの仮面
・ディディーコングレーシング
・カスタムロボ
・パイロットウィングス64(現在進行中)

どのソフトも今遊んでも面白かった。
せっかくなので、ちょっと感想を書いてみたいと思う。


「ゴールデンアイ 007」は64時代のFPSの名作。
そして、国内でもっとも普及したFPSかもしれない。
(今のところ最初で最後かな?)
本ソフトは64中でも有名タイトル、それに加えネットでさまざまな
レビューや攻略がなされているで、感想は少しに留める。

007は購入時(64現役時代)にも少し遊んだことが
あったのだが、どうも馴染めずに直ぐに投げてしまっていた。
当時はFPSに馴染みがなく、007はなんだか面倒な印象が強かった。
加えてマップがないので雪山で迷って攻略を断念してしまっていた。
しかし、現在いくつかのFPSに免疫だついた今になって遊ぶと、
その面白さに驚いた。

確かに画像は最新機種を比べるとかなり劣る。
加えて、マップがないので最初は酔うし迷うし、かなりきつかった。
しかしそれらに慣れると面白くなってくる。
プレイヤーや難易度によってさまざまな攻略方法が
存在するなど自由度も高い。
ただ、ひとつ残念なのが08年に遊んだために
4人プレイする相手がいないことだ。

やはり今でもある程度高価で扱われているだけのことはある。
今の中古でちょっぴり高めの値段で満足できるかは少し微妙かもしれないが
(シングルプレイのみの感想)
やはり名作は年を重ねても名作なのだと思いました。


多人数プレイができない変わりに動画で楽しみ、
攻略の参考にさせていただきました。
ニコニコ動画↓ ミッション1
それにしても動画主は上手いなー!




他のタイトルは、次回につづく


プリンスオブペルシャの新作が発表され
DS版も出るということでワクワク待っていた。
そして先日DS版の動画が公開された。



やはり据置機と違って、横スクロールアクションで来た。
だが、かなりキャラクターデザインがデフォルメされたなー!
今までプリペリは大人の雰囲気があっただけに驚き。
GBA版もトゥーンレンダリングっぽい絵柄だったが、
大人っぽさ(ダーティーな感じ?)は残っていた。
今回はDSで新たな客層を捕らえにきたようだ。
プリペリの新作では相方がいて、今までとは
少し違うプリペリになりそうなのでその点も注目したい。

なんだかプリペリっぽくない感じだが、どうなるか?
動画を見た感じだと操作方法もボタンじゃなくて
タッチペンのようだ。
個人的にはDSliteでタッチペンゲームをやると
かなり手が疲れる(DSが重くて)ので心配だが
取り合えず続報を待つことにしようか。

追記
何度も動画を見ているうちに、このゼルダの風のタクトっぽい
絵柄に抵抗感が薄れてきた。
自分はゼルダに関してはリアル系より風のタクトの
絵柄方が好きだったのもあると思う。
正直プリペリはマンネリ気味だし、こんなのもいいかもしれない。


すっごく今更だが、DS版忍者外伝ドラゴンソードの感想
(レビュー?)でも書いてみようと思う。





・前置
近作は発売前に配信された体験版の出来が非常によく
DSなのに綺麗な画像、それにタッチペンなのに爽快なニンジャアクションを
することができ、アクションゲーム好きの自分は結構注目していたのだが……。

・これは新作と呼べるのか?
ドラゴンソードはよくできたタッチアクションゲーだと思う、
タッチペン操作は疲れるのであまり好きでない
自分でも今作は関心した。
DSでまるである程度のニンジャアクションをこなせたからだ。

しかしあまりに内容がXBOX版と酷似しすぎている。
DS版を遊ぶちょい前にXBOX版を遊んでいた自分は
あまりの内容の同一ぶりに、逆リメイクかと思った。
どこが同じかというと、ほとんど(8、9割)のステージのデザイン
雑魚的、そしてボスまでもがXBOX版と同じなのだ。
ボスの攻略方法などXBOX版と同一の
攻略方法で通用するため、まったく新鮮味がない。
そしてダンジョンの謎解きもちっとも面白くない、
ただ、「こなすだけ」の謎解きだ。

XBOX版にはDSではスペック上敵わない点が多くある。
それなのにDSでまったく同じようなことするものだから
本当にこれでは劣化リメイクではないか。
基本の映像とタッチアクションがよく出来ているのに本当にもったいない。
これがオリジナルのものを作っていれば
かなり面白い作品になっていた可能性があるだけに残念。
これは値崩れしても仕方ないだろう。

・まとめ
グラフィックとアクション性の高さはDSではトップクラス。
だがXBOX版を遊んだことのある人には、内容が同一すぎるため
携帯で手軽にニンジャガをとか、劣化リメイクでも平気っていう方以外には
全くお勧めできない作品。


Wiiウェアで9月に配信予定のロックマン9。
まさに見た目がファミコン時代のロックマン
で話題になっています。

レトロゲーマーの自分も、もちろんこれには食いつきました!
今のところの情報では
スライディングや、チャージショットもないらしく、
ロッマン2あたりの本当に
元祖ロックマンな作りのようです。

そのロックマン9のの動画が公開されたようなので
紹介します。




ああ、なつかしい。
まさにファミコンのロックマンですね!

そしてこの動画をみると分かるのですが、
PS3&XBOX360でも配信を予定しているようです。
wii以外で出ることでファミコンの新作という特色は
薄れるかもしれませんが、wiiを持っていない人には朗報でしょう。

あともう一つ注目したいのが、このロックマン9がヒットすれば
つぎなる8ビットスタイルの(ファミコンスタイル)の新作が
出る可能性が増すということ。

wiiが発売された当時からバーチャコンソールなどで
ファミコンの新作が発売される噂がありました、
今回このロックマン9でその噂が現実になったのですから
ヒットすれば、今後もカプコンまたは他社から
レトロな新作が発売される可能性がきっと増すでしょう。
これは楽しみだ。


前回の記事を書いてからもいろいろネットで情報を調べたり、
試行錯誤を繰り返していたSFC&MD合体計画。

MDの映像面をSFCと共有、または映像用に
RCAを新たにとりつけ機能させるには新たにチップを
取り付ける必要がありそうだ。
これはMDの改造を調べると、RGB化の方法は結構書いてあるのだが、
そこでチップを取り付けているからだ。
自分がしたいのはRGB化ではなくRCA化もしくはS端子化なのだか、
こっちの改造の情報は見つけられない。
しかし同じ映像面の改造ということで、このRGB化に必要なチップを
新たに取り付ければ、進展できるかもしれないと思った。
しかしこうなると、ちょっと大変。無知の私にはハードルが高そうだ。



前回失敗したステレオ化の失敗を含めて、いろいろいじってみる。
ステレオ化は方法は間違ってはいなそうなのだが、前回も書いた通り
映像との連動や、ボリューム面などで上手くいかない。
それでも試行錯誤つづいた。


そして、事件はおこった
てか起こってしまった。

下の画像を見て欲しい。

16.jpg


MDのソフトをセットし、電源をいれた様子だ。

はいー、MDぶっ壊れちゃった(泣)
壊れた映像しか映りません。

まあ最悪こうなることを想定しての改造だったので仕方ないでしょう。
SFC&MDの型も一応作りかけがあるのですが、
ここでひとまず今回の改造は断念します。
こんな形で終わるのは悲しいですが、これ類の知識が少しは
身に付いたので、いい勉強になりました。

せめてMDのステレオ化くらいはやり遂げたかったので、
もし今後、新たに知識と情報が得られれば
再びMDを手に入れて改造する日がくるかもしれません。

最後に
ここまで読んでくれた方、中途半端なところで終わってすみませんでした。



Prev | HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ゲームの妄想真実, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。