ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


また、おさむ君が電話をしてくれたよ。

おさむ(以後 お)「こんにちは、レトロンさん」
レトロン(以後 レ)「こんにちは」

お「最近、妄想真実系のネタやりませんね」
レ「おさむ君、それは大人の事情だよ。そのうちやると思うから待っててね。
それより今日はなんだい?」

お「この前のマリオ2は難しいけど楽しかったです。まだクリアは出来てませんけど、ファミコンのゲームも面白いんですね。バーチャルコンソールはお父さんも大喜びです」
レ「そうだよ昔のゲームだからって、馬鹿にしちゃ駄目だよ。
お父さんは懐かしいくて嬉しいんだろうね」
お「そこで、マリオ2の息抜きに違うゲームをやってみたようと思うんだけど、何かない?」
レ「うーん、そうだな。息抜きだから短い時間で遊べるゲームがいいよね。
じゃあシューティングゲームのグラディウスなんてどうだい?」
お「シューティングゲームかー、やったことないから興味あるかも」
レ「じゃあ試しに遊んでみなよ、グラディウスって言ったら凄く有名なんだよ。
RPGで有名なのがドラクエやファイファン。シューティングならグラディウスってくらいだよ」
お「そうなんだ、じゃあグラディウスのこと教えてよ。
ところで、ファイファンってなに」

レ「そんなのも知らないのかファイナルファンタジーだよ」
お「ああエフエフ(FF)のことか」
レ「昔はファイファンって言う人もいたんだよ(悲)」


お「ところでシューティングゲームってなに」
レ「迫って来る敵を弾で退治するんだよ」
お「なんだか分かり辛いなー。
入れ歯を外した時の家のおじいちゃんの一発ギャグくらい分かり辛いよ」

レ「君の例えはいいとして、そうだな、とにかく自分に害を与えそうな物体を退治すればいいんだよ。シューティングは縦に進むのと横に進むのがあるけどグラディウスは横に進んでいくんだ」
お「へー、縦に進むのもあるんだ。」
レ「最近のシューティングは縦に進むのばかりだよ」
お「ところで何が面白いの」
レ「そうだね、モアイに会える所かな、イースター島に行かなくても。ゲームであえる。まさに画期的だと思わないかい?」
お「それは凄いね、僕じつはモアイ大好きなんだ」
お「でもね、モアイに会うためには3面まで進まないといけないんだよ。しかも3面まで一回も死なないのが理想だね」
お「それって難しそう」
レ「最初は難しいだろうね。でも一回死んでしまうと、復帰が難しいのがグラディウスなんだ。グラディウスはアイテムを取ってビームやオプションを手に入れてパワーアップしていくゲームなんだけど一回死ぬとパワーアップしたのが無しの状態に戻ってしまうんだ」
お「すっぽんぽんにされるってこと?」
レ「そうだね、すっぱだね。
最初2機あるんだけど一回死んだらその2機も裸の状態だとあまり役に立たないだろうね。でも裏技で一回はパワーアップできるんだよ。スタートを押して上上下下左右左右BAって押してみな」
お「わーすごい。オプションもバリアもついてるよ」
レ「1機死んだらこれで復帰して、3面を目指そう」
お「これなら少しは進めそう。でもやっぱりマリオ2みたいに難しいの?」
レ「うーんそうだね、3面からが難しいと言った方がいいかもしれないな。レトロンも買った当時は3面までしか進めなくて、数年前にやっとクリアしたんだ」
お「へー今更ねー」
レ「実はそういうゲームが多いんだよ。マリオ1も数年前にやっとクリアしたんだ。3面から難易度が一気に上がるからそれまでにパワーアップしておいて3面は敵の攻撃をよけることだけに集中しよう。3面をクリアできれば山は越えたと考えていいと思うよ。
とにかく凄く有名だから遊んでみな」
お「うん、頑張ってモアイに会うよ」

今でも遊べるか度
3☆☆☆
一度死ぬと復帰があまりにも難しくやる気を削ぐ可能性あり。
しかし、間違いなく歴史に名を刻んだゲーム。
ゲーム好きでまだ未経験の人は一度はやるべし。

VC グラディウス説明



スポンサーサイト





こんにちわww
訪問ありがとうございました!!
短文失礼します;;
でわ・・・
【2007/05/12 14:45】 URL | 南波 天 #4WH458go[ 編集]

こちらこそ、見に来てくださりありがとうございました。
【2007/05/12 22:34】 URL | レトロン #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ゲームの妄想真実, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。