ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日紹介した、黒DCが死亡しました……。

参考画像
DC2.jpg
この子です。
ある日電源をいれたらGD-romを読み込まなくなってました。
突然死というやつですね。おそらくモーターが死んだと思います。
あぁ、愛しの黒DCちゃん、公式修理期間が終了して死ぬというなんとも
絶妙(嫌がらせ的)な死に時でした。

こんなこともあろうかと何台かDCはストックがあるのですが、
折角塗装したこの黒DCを使えないのは、ちと残念です。
そこでまだ元気なDCからGD-ROMユニット部分を移植しようと思います。

同じような症状の人(いないと思うけど)通常バージョンじゃないなど
お気に入りのDCがある人は参考にどうぞ。

犠牲になってくれる白DC君。
DCniko.jpg

まずは、4つ角にあるネジをドライバで外します。
一箇所はモデムで隠れてますので、モデムを外してネジを外します。

蓋を外すとこんな感じです。
DCniko2.jpg

GD-ROMユニットを外すためには赤線で囲んである基盤が
邪魔なのでこれも外します。(ネジは二つ)
手前の方はネジ以外のパーツで固定してある部分があるので
そこは慎重に外しましょうね。


外すとするとこんな感じになります。
DCniko3.jpg

(手前のコントロール部分も外れてますが気にしないでください。
通常は外す必要ありません)

GD-ROMユニットも確か4つネジを外すと簡単に外れます。

DCniko4.jpg

外れました。

ここまで解体したついでにギア部分を清掃していくといいかも
しれません。
ここはネジとかないのでひっくり返すとモーター部分が見えます。
DCniko5.jpg

自分は綿棒で清掃後、プラスチック用グリス(ミニ四駆用w)
を塗りました。

ここまで来たらもう一台のDCを同じように解体して
ネジを締めて元通りにするだけです。

これで、元気だった白DCの変わりに黒DCが動くようになりました。
壊れたDCも捨てずに取って置くといいですよ。
店によっては修理してくれる店もありますし、
他の部分が壊れた時は同じように部品を取ることもできますし、
自分には無理ですが電機工具が得意な人なら、
PSのモーターなどを移植して復活するとこも可能ですよ。
スポンサーサイト





ニコイチ乙です!
いやあ、お気に入りのDCが復活された様で何よりでした。
やはり、思い入れのある本体は、同性能の同一ハードを犠牲にしてでも使い続けたいですよねw

自分も、サターンが死んだら、白サターンから移植したいと思います。
【2007/10/03 11:27】 URL | NORI #-[ 編集]

>やはり、思い入れのある本体は、同性能の同一ハード>を犠牲にしてでも使い続けたいですよねw

そうなんです、犠牲にしてもなんですw

>自分も、サターンが死んだら、白サターンから移植した>いと思います。

サターンは型?によって中身も微妙に違うので
DCのように簡単にはいかないかもしれません。
でもサターンは頑丈ですから無事に使い続けられると
いいですね。
【2007/10/03 23:08】 URL | #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ゲームの妄想真実, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。