ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たまにはゲームとは関係のないことを。

この夏の2大映画(アニメ作品で)の
「崖の上のポニョ」と「スカイ・クロラ」を見てきた。
ほぼネタバレなしの感想です。


・「崖の上のポニョ」
まずポニョから。
身近なところからも、あまりよい評判が聞こえてこないだけに
不安だったのだが、いや~面白かったよ。
確かに突っ込みどころが全くないわけじゃないんだけど、
「絵が動く」ってことがこんなにも面白いってことを
こんなに感じた作品は初めてかもしれません。

かつて鉄腕アトムなんかで感じたであろう、「絵が動く」。
この感動を現代の子はポニョで感じ取ればいいのではないだろうか。
まず初回は細かいことは気にせずに見てほしい。

ストーリーでいうと、子ども向けに作ったわりには子どもに対して
分かり辛い点もあると思うけど、前半部分はあの絵の動きを見るだけでも
子どもは楽しいんじゃないかな?

俳優陣の声優も結構がんばっていてる。
個人的には所ジョージが良かった。
だが「天海祐希」だけはいただけない。
天海祐希を当てた役は天海祐希のイメージと
声に合っているのだが、あくまで「天海祐希」の声なのだ。

他の俳優陣でいうと、山口智子はリサで所ジョージはフジモト。
そう普段の個性を消して役になっているのに
「天海祐希」はグランマンマーレをあくまで演じている わけで
イコール(=)役ではなかった。
しかも売れている女優であるためにグランマンマーレが
しゃべる度に「天海祐希」の顔がちらつき非常に苛立った。



・「スカイ・クロラ」
「スカイ・クロラ」はまずはオープニングで圧倒された。
オープニングの空中戦をみただけで劇場まで足を運んだ
価値があると思ってしまった。
だがそのあとは坦々と話が進むので少し退屈だった。
(まあこの坦々にはちゃんと意味があるのだけど)

今作で押井守監督は新規の客も獲得しようと狙ったようだが、
これでは正直厳しいだろう。
自分は好きだが、これがヒットするなんてとてもじゃないが思えない。

だって劇中では明らかに説明不足だし単調で分かりづらいですもん。
(押井作品の中では分かり易いとしても、一般客にとってはキツイ)
自分は前もって原作は読んでないし「スカイ・クロラ」の知識を
あまり入れていかないで見に行った映画をみている最中設定を
理解しようして純粋に映画を楽しめたかというと疑問が残る。

そして結局、家に帰ってからネットなどで知識を入れ
改めて映画「スカイ・クロラ」の凄さを感じました。
私は最初から内容を知っていればもっと楽しめたと思った。
だから、今ではもう一度見たいと思っている。
だが、一般客(製作側が今回ほっする新規の客)はきっと
「スカイ・クロラ」を一回見て友人に「お勧めだよ」なんて言わないだろう。

そしてこのスカイ・クロラでも同じく俳優(有名人)が
声優として使われている。
実はこれがどうしても気になっていて
公開終了が迫る、今の時期まで見にいく気になれないでいたのだ。
とくに予告で耳にした「菊地凛子」の声当てがあまりに酷く感じていた。
しかし、押井守監督の作品が劇場で見られることに加え
菊地凛子はキルドレ役だから、棒読みのあんな声(絵に乗らない声)でも
いいのだという意見をネットで見て、そんな考えがあるのかと
見に行くキッカケになった。
(ネタバレになるので詳細は書かないが「キルドレ」は
普通の人間ではない)


そして感想。
すみません。やっぱり「菊地凛子」は特別キツイです。
映画みている最中。菊地凛子はキルドレ役だから
と言い聞かせていたのだが、他のキルドレは
俳優が声を当てている役でも「菊地凛子」よりは
だいぶマシなので菊地凛子の声がさらに際立ってしょうがない。
とくに怒りを露にしたシーンなんて酷すぎて泣きそうになった。

キルドレっぽい声が「人格から離れたような声」だったり
「冷めた声」「絵とは交わらない(同一でない)。一致しない声」のような
人が適任ならばそういう演技ができる声優を使って欲しかった。

ポニョもそうだが、こういう声当てがあると
一気に映画から現実に戻されるので本当に簡便してもらいたい。
「スカイ・クロラ」は本来よくできた作品なのだから……。


もうあれだ、アニメ映画で有名人を声優起用する
流れはなかなか消えそうにないので、有名人側は
ちゃんとできないなら自ら断っていただきたい。
そう説に願う。

そもそも、スカイ・クロラの有名人の
「加瀬亮」 「菊地凛子」「谷原章介」
ここら辺を声優にあてて普段ジブリ以外の
アニメを見ないような新規の客を取り込めるのだろうか?
私はそうとは思えない。

最後に
なんだかんだ言っても両作品さすが巨匠といったところで良い作品でした。
少しでも興味のある作品なら見る価値ありです。

スポンサーサイト

いやはや前回の更新から1ヶ月も経ってしまっていた。
書きたいネタはいくつかあったのだか、
書かずじまいで今日を迎えてしまった。

ブログを更新せずとも、(いやしないからか?)
ゲームはやっていた。
その機種はタイトルにある通りのNINTENDO64(ニンテンドウ64)だ。以下64
なぜいま64にはまっているかというと、ずっと出しっぱなしだった64を
先日買ったxboxを出すために押入れに仕舞おうとしたのがキッカケ。
そう「仕舞う前にちょっと遊んでみるか」という軽い気持ちが
再び私を64の世界へ導いた。


今まで我が家では64といえば、あくまで友人と遊ぶためのゲーム機であった。
そのため64現役時代に遊んだタイトルは。
・大乱闘スマッシュブラザーズ
・マリオカート64
・F-ZERO X
くらいだった。

とくに「スマブラ」と「マリオカート64」の起動率は高く
近年でもたまに遊ぶことがあったほど。

他のタイトルも遊ぼうと思い、何年か前にめぼしいタイトルは
買い溜め(約十数本)したのだが
結局上記のタイトルだけで満足してしまい遊ぶことはなかった。
いわゆる積みゲー状態になっていたのだ。

そんな我が家の64。
薄暗い押入れに収納する前に、積みゲーをいくつか消化しておこうと
思ったら、これが想像以上に面白くなってしまったのだ。

前置きが長かったが、最近遊んだ64タイトルは
・ゴールデンアイ 007
・ゼルダの伝説 ムジュラの仮面
・ディディーコングレーシング
・カスタムロボ
・パイロットウィングス64(現在進行中)

どのソフトも今遊んでも面白かった。
せっかくなので、ちょっと感想を書いてみたいと思う。


「ゴールデンアイ 007」は64時代のFPSの名作。
そして、国内でもっとも普及したFPSかもしれない。
(今のところ最初で最後かな?)
本ソフトは64中でも有名タイトル、それに加えネットでさまざまな
レビューや攻略がなされているで、感想は少しに留める。

007は購入時(64現役時代)にも少し遊んだことが
あったのだが、どうも馴染めずに直ぐに投げてしまっていた。
当時はFPSに馴染みがなく、007はなんだか面倒な印象が強かった。
加えてマップがないので雪山で迷って攻略を断念してしまっていた。
しかし、現在いくつかのFPSに免疫だついた今になって遊ぶと、
その面白さに驚いた。

確かに画像は最新機種を比べるとかなり劣る。
加えて、マップがないので最初は酔うし迷うし、かなりきつかった。
しかしそれらに慣れると面白くなってくる。
プレイヤーや難易度によってさまざまな攻略方法が
存在するなど自由度も高い。
ただ、ひとつ残念なのが08年に遊んだために
4人プレイする相手がいないことだ。

やはり今でもある程度高価で扱われているだけのことはある。
今の中古でちょっぴり高めの値段で満足できるかは少し微妙かもしれないが
(シングルプレイのみの感想)
やはり名作は年を重ねても名作なのだと思いました。


多人数プレイができない変わりに動画で楽しみ、
攻略の参考にさせていただきました。
ニコニコ動画↓ ミッション1
それにしても動画主は上手いなー!




他のタイトルは、次回につづく



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 ゲームの妄想真実, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。