ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DS

ちょい前から情報は入って来てましたが、公式にサイトもできました。
公式

そうです、海外で開発され先行発売されていたコントラ4
国内名(魂斗羅 Dual Spirits コントラ デュアルスピリッツ )
が発売されることが決まったんですよ。

価格は5,229円なり。


contra4.jpg

海外では発売中!!

ここの海外通販だとUS$ 34.90、現在日本円に直すと
送料込みで約4,020円なのでちょっと割高かな?
パッケージジャケットも海外版の方がいいと思うのですが……。

ともかく、国内でもめでたく発売されることが決まってよかったです。
あとは海外版となにか変更点があるのかが気になりますね。

動画を置いておきます。


その他
・ドラクエV 記事
ついにニンテンドーDS版の画面を公開! 『ドラゴンクエストV 天空の花嫁

PS2
・NiGHTS into dreams...
こっちも公式がオープンしてました。
公式
セガサターン版『NiGHTS』メインプランナー 飯塚 隆氏
のコラムも掲載されてます。

スポンサーサイト

発売中
公式

先日DSのカードヒーローのネット対戦が出来ずに悲しんでいたわけです。
プロバイダーに電話しても問い合わせが多いようでなかなか繋がらない始末。
そんな中、半ばあきらめて接続テストを繰り返していたら
接続に成功しましたの文字が!!
どうやら、自分の環境でもサーバー状況などによって調子のいい時は
対戦できる模様。

そして早速接続してみたのです、やったね。

遊んだルールはジュニアルール。
個人的にはここら辺のルールが一番好きなんです。
それ以降のルールはカードモンスターではない、
プレイヤーを動かせたり、デッキを組む枚数が増えたり
できることは増えるのですが、どうしても複雑になるんですよね。

ネット対戦では、やはり「人対人」ということもあって
コンピューターとやってくることが全然違います。
8回、計3人と対戦させていただいたのですが、人によって全て違う戦略、
違うデッキを組んでいて、カードヒーローの奥深さを改めて
感じることができました。
いやー、対人対戦は勉強になります、自分が考えもしない戦略を
打ってきますからね!

対人はやはりコンピューターよりも強いので
一つのミスも許されない緊張感が味わえます。
それにネット対戦でもカードを買う為のポイントを貰えるのが
なんとも嬉しいですね。

このネット対戦のせいで、新しいカードが欲しくなったりで
またオフラインプレイでポイントを稼いだり、本当寝不足注意ですよ。


っとネット対戦がうまくいったので任天堂公式HPで接続テスト
してみると繋がりませんの文字が……。

公式にも書いてありますが、HPの接続テストでうまくいかなくても
繋がるケースがあるようです。
自分の環境でもたしかに対戦は出来ましたが、
不安定感はまだまだあるんですよね。

対戦中に回線が切れることはありませんでしたが、対戦相手を探す
段階では一度切れましたし、なんとかして安定させたいものです。

ここ何年でネット対戦の座敷は下がったと思いますが、
さまざまな環境によっても大分差がでてしまいますし、
機械に詳しくない人も含めて、もっと気軽にネット対戦できる日が
来るといいですね。


20日に買ったのに遊ぶ時間がなく、やっとこさ遊べましたこいつ。

発売中
公式

それにしても、20日に買いに行ったのだが、店頭には
カードヒーローのカの字もなかったぞ。
FF4とかは目立つように販売しているのに同じ発売日のはずの
今作は、ポップもダミーソフトケースも何処にもないんですよ!
これは驚きました。
売る気全くないですか? 某大型量販店さん。

レジで店員さんに聞いたら無事買えましたけど驚きました。
(朝だったので、売り切れ対策という感じでもありませんでした)
こんなんで心配していたんですが、実際はそこそこ売れているそうで
一安心です。

っとゲーム内容に関係ない話はこの辺にしておいて、
遊んでみました。

世界観、グラフィックは変わりましたけど、
大事な部分はGB版そのまんまです。
やっぱり安心して遊べます。
スタッフのGB版ファンへの感謝というか、そんなのを感じる部分が
結構ありました。これが嬉しい。
スタッフも続編を作れて嬉しかったんではないかと。
GB版を遊んだことのある人は、なつかしの人物や台詞も
出てきて思わずニンマリしたのではないでしょうか?
とにかくこれは

カードヒーローなんだからカードゲームとしては面白い! 
これは間違いないです。



ですが、前作があまりにも良かったため、どの分
欠点も目立ってしまう……。
やっぱりタッチペンなしでも操作したかった
(横になってゴロゴロしながら遊ぶにはタッチペンは不便)ですし、
ストーリーがあまりにも退屈で、、、、。
カードのグラフィックも前作の方が温かみがあってよかったですね。

まあこのゲームの一番大事な所はここではないので
妥協するしかないでしょう。
(自分が一番こだわってますねw すみません)



以下、
どの段階からスピード以外のルールが遊べるようになるかネタバレ。
隠すほどの内容じゃないかな?
前半は体験版と同内容なので体験者は退屈だと思います。
最初はスピードバトルしか遊べないのでが、
6章辺りからジュニアルールが遊べるようになり。
たしかここからネットにも繋げるようになります。
そしていよいよ9章であのルールが解禁されます!


ネタバレ終わり。


今作はある程度進むとネット(Wi-Fi)に繋げるようになります。
そこで私も挑戦してみたのだが……。

あー家のネット環境エラーが出るよ(泣)
(通信が不安定なんです)
実は今までDSでネット対戦したこと無かったんですよね。
任天堂HPでテストしておくべきでした。

プロバイダに問い合わせるのも来週になってしまいそうですし、
これは悲しすぎる、痛すぎる。
そもそもプロバイダが対応してくれかもまだ分からないし……。
この間に世の中の数々のバトルが繰り広げられるんですね
羨ましい。


今後初めてネット対戦デビューする人は任天堂公式で
テストすることをお勧めします。
これは絶対ですよ、絶対。
テストしないで不幸になるのは自分だけで十分です(´;ω;`)ブワッ

ちなみに任天堂サポートの方はとても丁寧に対応してくれました
ここを見ることはないでしょうが、この場でもお礼を言っておきます。
m(._.)m


SFC
・パネルでポン
J/パズル
公式
任天堂製、パズルゲーム。
知名度はそこそこだと思うが、遊んだことのある人は
意外と少なそうなタイトルでもある。

安心して遊べる出来なのでパズル好きなら
この機会に遊んでみるといいかも。
ちなみにパスワードはあるがセーブ機能がないので注意。
評価:☆☆☆★

MD
・ライトクルセイダー
J/アクションRPG
公式
トレジャー作のアクションRPG。
見た目は結構洋ゲーで遊ぶ人を選ぶかもしれない。
視点なんかはもランドストーカーに似ていてよく引き合いに出される。
パズル要素が強い。
MD末期の作品で作りこむ時間がなかったのか
ゲームボリュームは少なく普通にやっても5~6時間程度。
見た目はランドストーカーの方がとっつき易いが、
影の演出のあるしボリュームも手軽なので今作の方が実は遊び易いと思う。
トレジャー作品だが、総合でみると出来はそれなりか……。
評価:☆☆☆

・エターナルチャンピオンズ
J/2D格闘
公式
洋ゲー格闘。スト2を意識したつくり。
あっちのゲームらしく、KOの演出が残酷だったりする。

ゲーム的には、もちろんスト2の方が断然上であるので手を出す人は
それなりの覚悟の上で。
評価:☆☆

・ラングリッサー
J/シミュレーションRPG
公式
シリーズ化されているシミュレーションRPG第一弾。
それほど複雑でないので、このジャンル初心者にもキャラ絵や雰囲気が
平気ならそれなりに楽しめると思う。
ちなみにキャラは死ぬと復活不可。
評価:☆☆☆


12.20発売
公式

スキャン
スキャンが届いています。
発売間近になりましたね。
クラブニンテンドーの予約もしたし、あとは発売を待つばかり。

そういえば前回書き忘れたが、体験版をクリアすると製品版に
ちょっとしたオマケがもらえるパスワードが手に入るので、
興味のある人は体験版を遊んでおくことをお勧めします。


1.31発売

公式
記事


地味に気になっているタイトル。
公式サイトが出来上がり、ゲーム内容紹介や動画が公開されてます。
なつかしの遊びの「宇宙旅行ゲーム」「スーパーカー消しゴム」「メンコ」や
川原でやる「石切り」が紹介されていていい感じ。
「宇宙旅行ゲーム」は名前で聞くと分かりづらいと思うが、
駄菓子やなどにあった10玉をいれて左から右に、次は右から左へ
と10円玉をはじいて、ゴールを目指すゲーム。
途中にある穴に落ちないで、ゴールするとお菓子をもらえたりする。
やったこと無い人も「ゲームセンターCX」を見ている人なら分かると思います。
私の下手な説明で分からない人は公式サイトへ!!

楽曲には「およげ! たいやきくん」など懐かしいですな。
続ALWAYS 三丁目の夕日 など昭和効果もあるし、
プロモーション次第でそれなりに売れるかな?


カードヒーロー体験版の体験版がDSステーションとwiiでDLできる
ようになっていたので早速遊んでみた。

今回遊べるのは新ルールのスピードバトル。
ルールは敵を5体倒せば勝ちというもので、
ストーンの扱いも今までのルールとは違うもので戸惑ってしまった。

詳しいルールは公式サイトを見てもらうとして
公式
ちょっとした感想。

世界観はもう仕方ないので気にしないことにする。

ゲームは上画面では3D表示されたキャラが表示されていて、
下画面にHPとかその他もろもろの情報が表示されている。
上画面では、3Dキャラが動き回るのだが、HPが表示されないのが
凄く見づらいと思ってしまった。
HP確認にいちいち下画面をみなくてはいけない。
でも下をみていると上の演出はみれないジレンマに襲われた。

操作も体験版では主にタッチペンのみだったので、
製品版では十字キーなどでも操作できるか気になるところだ。

体験版を最後まで遊んでみての正直な感想は
前作を遊んでいない人がこの体験版を遊んでもカードヒーローの楽しみ
を味わえるとは思えない出来だったのが残念だ。

自分のような前作のファンはこの体験版をあそんでも、
信頼で購入できるのだが……。

欠点ばかりの感想になってしまったが、それでもこのゲームが楽しみなのは変わらない、
wifi対戦やカード交換ができ、セーブが消えないカードヒーロー
これだけでも私的には買い。

それだけ前作の信頼が厚いってことで。


電池交換したカードヒーローGB版を
ちょびちょび遊んでいる。やっぱり面白い。
こGB版遊んだあとに高速のスクリーンショットで
3Dバージョンみるとやっぱり違和感感じたり……。

wiiに「みんなのニンテンドーチャンネル」を追加してみたの
ですが、DSの体験版のラインナップが微妙すぎる。
脳トレとか眼トレしかない。
wiiの新規ゲームユーザーにはいいでしょうが、ちょっとね……。
店頭のDSステーションみたいなラインナップに早くなって欲しい。

そんなこんなで
更新できていなかったVCですがとりあえず
FCだけ更新しました。


以下その他↓

ファイアーエムブレム総合サイトオープン
ファイアーエムブレムワールド


DS
・高速カードバトル カードヒーロー
記事

・影之伝説 -THE LEGEND OF KAGE 2
記事


FC
・バルーンファイト
J/アクション
公式
風船割りゲーム。
一時は中古でも高額で販売されていた。
ゲームは単純だが、だからこそ今でも十分遊べる名作。
評価:☆☆☆☆


・魔界村
J/アクション
公式
アーケード(AC)からの移植作品。
見た目は結構ACとは違うし、攻略方法も結構違う。
でも、当時は貴重な移植作品だった。
難易度はかなり高いが、敵のパターンを覚えたり
少しづつ攻略していくのが熱い。
個人的には大好きな作品だ。
ちなみに本当のクリアするには2週しなくてはいけないが、
裏技でラスボスと戦ったり、ステージセレクト、コンテニューも
出来る。
評価:☆☆★
(個人的には☆☆☆☆)

・ナッツ&ミルク
J/パズルアクション
公式
ステージにあるフルーツを回収してゴールに向かう
パズルゲーム。
主人公はジャンプすることができる。
敵と主人公がそっくりの為間違えることがあるのが欠点。
決して出来は悪くないが、特別お勧めするほどでもない……。
評価:☆☆

・キングスナイト
J/フォーメーションRPG(シューティング)
公式
旧スクウェア作品。
公式だとRPGとなっているが、どう考えてもシューティングゲーム。
4つの主人公が4通りの別の道からボスを倒すために
進み、各章で死ななければ、最終章で(5)合流。
パーティーを組むことができる。そして全員生きていれば
エンディングをみることが出来る。
こう書くとまるでドラクエ4みたいだ。
でも本当はあまりおすすめできないシューティングゲーム。
評価:☆★



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 ゲームの妄想真実, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。